あなたの健康をサポートするはり・きゅう専門治療院

福岡県久留米市の鍼灸院。腰痛、ひざ痛、肩こりから自律神経の症状まで。体に関することは何でもご相談ください。

治療の流れ

治療の流れ

Step1 受付

予診表

はじめに予診表を渡しますので、現在の症状や
よく起こる症状についてご記入ください。

必要事項に〇印を付けます。

Step2 問診

問診

予診表をもとに問診させて頂きます。

現在の症状や過去の病気、いま服用されている
薬などについて、できるだけ詳しくお話しください。

治療する上で必要な情報を集めます。

少し長くなりますが、ご了承ください。

Step3 診断

脈診で内臓の状態も診ます

診断は視覚、聴覚、嗅覚、触覚などの五感を
活用します。

特に、脈診、腹診、舌診が重要です。

詳しく診察し、病気の原因をつきとめます。

Step4 説明

診断の説明

脈診、腹診、舌診などから得られた情報をもとに
痛みの症状をご説明します。

また、今後の治療計画についてもわかりやすく
ご説明いたします。

Step5 治療

    体質に応じて鍼を変えます    台紙を使用して熱さを加減します
       はり           灸

鍼は髪の毛程度の細さですから、刺すときの痛みはほとんど感じません。

1本1本滅菌パックされたディスポーザブル鍼を使用しており、感染の
心配はありませんのでご安心ください。

フローリング、設備、器具の衛生面には万全の配慮をした上で治療いたします。

以下は当院で行う標準的な治療例です。

細かい対応は治療時の身体状況に合わせて、適宜変更いたします。


腹部の治療

仰向け

血圧測定のあと、足部、腹部、頸部の冷えや
皮膚の状態をもとにツボを選びます。

特に重視するのは腹部の状態です。
患者様の症状や体質に合わせて、的確に治療
していきます。


背部の治療

うつ伏せ

背部は内臓の状態を表します。

肩・腰・ひざの痛みの原因が内臓からくる
こともあります。

鍼と灸を併用しながら改善を図ります。


足部の治療

再び仰向け

脈診、腹診により、痛みの変化をみます。

変化の程度により治療を加減します。

治療の終わるころは心身ともにリラックス
した状態になります。

Step6 治療説明と今後の治療計画

治療計画のご提案

治療前と治療後の症状に関して、ご説明させて
いただきます。

患者様のご希望に沿うよう、今後の治療計画を
ご提案いたします。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional