あなたの健康をサポートするはり・きゅう専門治療院

福岡県久留米市の鍼灸院。腰痛、ひざ痛、肩こりから自律神経の症状まで。体に関することは何でもご相談ください。

肩こり

肩こりとは

肩の筋肉がこわばったり、重苦しい感じがすることを表現します。

肩こりは不自然な姿勢を長い間続けたり、精神的ストレスがあると
起こりやすくなります。また、肝臓や胃の負担がある場合も起こ
ります。

いずれにせよ、肩の筋肉が緊張して血液の流れが悪くなり、乳酸
などの疲労物質がたまったり、ビタミンやミネラルの補給がうま
くいかなくなるのが主な原因です。

その結果、筋肉がこわばり肩が凝るのです。

一般的な注意

  • 長時間同じ姿勢をとっていると筋肉疲労が生じ肩こりになり
    ます。適当な時間に水分補給を行います。特に夜寝る前には必ず
    白湯を飲むようにしてください。
  • 低血圧や冷え症、胃腸障害、肝臓疾患があるときは、その疾患を
    治すことが大切です。
  • ストレスは血液循環を悪くする最大の要因ですので、ストレス解消
    に努めましょう。

食事上での注意

  • 脂肪分や果糖(果物)の取り過ぎは血液の粘土が高まり、血流が
    悪くなるので、極力控える。
  • 消化の良い糖分(グリコーゲン)と、酸(クエン酸など)をうまく
    摂取すること。

食べ物で

  • カキ肉エキス
     筋肉の栄養素で消化の良い糖質(グリコーゲン)が豊富
     なので非常に有効とされます。
  • ミカン、レモン、梅、桃、お酢
     乳酸の生成を抑えるクエン酸が豊富です。
  • レバー、牛乳、胚芽米
     老廃物を代謝するビタミンB群が多く含まれます。
  • トマト、サツマイモ、アボガド、干し柿
     筋肉の働きを良くするカリウムを多く含有しています。
  • うなぎ、アーモンド、かぼちゃ
     ビタミンEを多く含むので、血液の流れがよくなります。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional